きゅうりの話

家庭園芸救急箱

その後、キュウリはヨーロッパの各地域へ、フランスへは9世紀頃、イギリスへは14世紀に伝わりましたが、イギリスでは広まらず一旦無くなり、16世紀に再導入されて普及しました。

その頃にはキュウリをスープに入れたりして火をとおして食べていたようです。

アメリカ大陸への伝来は、コロンブスが1494年、ハイチ島にキュウリを植えたのがはじまりです。

キュウリの東への伝播について見てみると、漢の武帝の時代・紀元前2世紀にペルシアからシルクロードを経由して張騫が中国に伝えたとされます。

日本ではキュウリを「胡瓜」と漢字で表しますが、「胡」の字に中国西域由来であることが示されているといいます。

6世紀の初め頃にはキュウリは中国国内で一般に広く栽培され、8世紀、唐の玄宗の時代には早づくりの技術で2月中旬にはキュウリがとれていたというから驚きです。

キュウリの中国への伝来は、前述のシルクロード経由の他に、ヒマラヤ南麓から東南アジアや雲南地方を経由したという南側のルート、ふたつのルートがあり、キュウリはそれぞれのルートから個別に伝えられました。

中国や日本で栽培されるキュウリには華北型と華南型のふたつがありますが、華北型がシルクロード経由、華南型が東南アジア・雲南地方経由と考えられています。

ラクダに乗ったキュウリ