今月の特集 トマト
  • 栽培のポイント
  • 栽培方法
  • トマトのはなし

栽培方法

苗選び

家庭菜園では、ホームセンターなどで苗を買って植えるのが手ごろです。苗は、本葉が8〜10枚ついた全体のバランスがよい健康そうな苗を選びます。葉と葉の間の茎(節)が間延びして背ばかり高くひょろっとした感じのもの、葉の色が黄色っぽいものなどは良くありません。

土づくり

肥料

トマトを植える予定の場所を、植える2~3週間前によく耕し、元肥をやります。畝幅80cmくらいと、株と株の間は30~50cmくらいあけるので、植える本数により畝の長さを見積もります。そこに15~20cmくらいの深さで溝を掘り、元肥を入れます。元肥の量は、1株あたり堆肥1kg、化成肥料か乾燥鶏糞などを一握りずつです。元肥を入れ、軽く混ぜたら再び土を埋め戻し平らにならせば植え床の完成です。

植え付け~育苗

植える時期は遅霜の心配がなくなる5月の連休前後が適当です。苗の根の周りの土をくずさないようポリ鉢から取り出し、前もって準備した植え床に植え付けます。このとき、トマトの花が畑の通路側に向くよう苗の向きをそろえると収穫するとき便利です。トマトの花は同じ向きに出る性質があるからです。花の房が見えない場合は、5番目の葉を通路に向けて植えつけます。

植えた後、土が乾いていれば株元に水を充分にやります。軽く土を握って土の塊が崩れないようなときには水やりしなくてもかまいません。

苗が風で倒されないように支柱をたて、苗を支柱に軽く結び付けます。トマトの成長に伴い、随時茎と支柱を結びつけていきます。これを誘引といいます。支柱は倒れないよう、しっかりさせましょう。

支柱立ての後、株元にワラなどを敷けば乾燥対策になります。
植えてから2~3週間ごとに2~3回、1株につき油粕などを一握りずつやり追肥とします。雑草が生えてきたら大きくなる前に抜き取ってしまいましょう。わき芽とりや誘引などの手入れを随時行いましょう。
トマトは本葉7~8枚目に1番目の花をつけ、その後は本葉2~3枚ごとに花をつけていきます。通常、5番目の花がついたら、それより上にある葉を1~2枚残し、芯(茎)を切って生長を止め、それまでになった果実を充実させます。

収穫

実が充分に赤くなるまでまって収穫します。

今月の特集 バックナンバー

  • トマト特集
  • ジャガイモ特集
  • キャベツ特集