わが家の家庭菜園レポート

第3回 レポート
フォトアルバムを見る
○○さんの家(茨城県)new
お住まい&家族構成

群馬県との県境にほど近い埼玉県本庄市にお住まいのOさんのお宅にお邪魔しました。
親子3代仲良く家庭菜園を楽しんでいる姿はとても微笑ましく、育てた菜園を女性ならではの優しさで接している姿が印象的でした(o´∀`o)

写真
家庭菜園を始めたきっかけ

家庭菜園と言えども命を育むこと。
大事に育てた命を収穫し、その命を有り難く頂くことで私たちは生かされている。
感謝と畏敬の想いを抱きながら、尊い命に接することが何よりもの楽しみ。
素敵な笑顔でおばあさまはそうおっしゃっていました。
繋がる命のリレーを、娘さんとお孫さんとともに体験することは素敵なことですね♪

写真
家庭菜園の楽しみ&大変なことは

楽しみと言えばそれはもう美味しく頂くことです(*^∇^*)
キュウリやなすは毎日ぬか漬けにして頂いていますが、この時期は食べきれないほどたくさん採れます。
味そのものは「ん~・・・」と十分納得することばかりではありませんが、それでも収穫して頂く時にはとても幸せな気分になります。

大変なことは害虫や病害に犯されたりと色々ありますが、手入れをしながらの収穫が毎朝の日課になっていますね。
育っていく様子をみるのは楽しいですし、収穫できる喜びを考えれば、苦労などと思ったことはありません。

写真
はじめて作った“やさい”&得意な“やさい”

埼玉県本庄という土地柄、夏の猛暑は想像を絶するほどです。(´д`ι)
その暑さ対策として、初めはグリーンカーテンにもなる理由でゴーヤを育て始めました。
道路に面しているところにあるためか、見ず知らずの方にもよく声をかけられるため、お裾分けしています。

それ以降さまざまな野菜を育てていますが、得意なものといえばトマトです。
甘みと酸味のバランスがとても良く、なかなかの自信作ですよ(笑)

写真
これから挑戦したい“やさい”

種類的にはもう十分育てているので、今ある作物の中でもっと美味しく育てたいのがスイカ☆
大きさも形も普通のスイカと遜色ないのですが、味が市販品に比べると今ひとつとのこと。
もうちょっと甘みを含んだ味になるよう創意工夫している毎日のようです。゚+.*(+・`ω・)9

写真
何で家庭菜園を勉強したんですか”

地域的に農家を専業している方が近くにいらっしゃるので、初めはいろんなことを教わりながら挑戦していたようです。ヾ(・ω・o)

ある程度経験していくと、工夫や応用を繰り返しながら後は実践あるのみ!?だそうですが、
最近ではインターネットで役立つ情報もたくさんあるので、お孫さんと一緒に勉強しているとのことです。

写真
最後に

写真O家の皆さん、取材ありがとうございました。
お庭にたくさんの種類のやさいが育っていました。
繊細さと優しさから紡ぎ出される癒やしオーラ満載の取材でした。
自家製トマト、本当に美味しく頂きましたd(*^v^*)b
担当:やまだ


 

#