みのり農園 とれたてブログ

カテゴリー別アーカイブ:

和名は筏葛(いかだかずら)

2016.02.17

・・・暖かくなったり寒くなったり まさに三寒四温?といった感じでしょうか。 ハウスの中は、つねに暖かい。 鉢植えのブーゲンビリアが咲いています。が咲いています。 三つ白くみえるのが花、その周りの赤い花びらのようなものは 花を取り巻く葉っぱで、包葉といいます。 花が咲く前。 ブーゲンビリアの名前は、フランス人の ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィル(Louis Antoine de Bougainville) に由来します。 フランス人で初めて世界一周した人だそうです。 で、一緒に行った植物学者のフィリベール・コメルソンという人が ブラジルで見つけた花に 親方(ブーガンヴィル)の名前を付けたということです。 パプアニューギニアのブーゲンビル島も、同じ人の名前由来。 ブーゲンビリアはオシロイバナの仲間だそうで、 言われてみれば花の形が似てる。・・・気がする。 色水作るのにつぶしたあれでしょ?

ブーゲンビリア

鳥ではない。

2015.12.18

今年も残りあとわずかですね。いよいよ。 ちゃくちゃくと迫りくる2016年を気にせず、 今日もまた過去を振り返りましょう。   ホトトギスという花です。10月に撮影した写真です。   毎年花を咲かせる多年草です。 実は昨年、近くの園芸品やさんで時期を過ぎた格安値下げ品を購入し植えたものです。 元気に開花しました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ホトトギスを購入したのには訳がありまして・・・・・・ ルリタテハという蝶の、幼虫時代の餌なのです。 ・・・・・いつかルリタテハが気づいて産卵しないかなーっと。 ルリタテハは名が示す通り、青い系の蝶です。たまに姿を見かけます。   とりあえず、今はまだハナバチが蜜を吸ってるだけです。

おひさしぶーりーねー 更新するなんてぇー♪

2015.09.02

去年の11月21日から実に約9カ月ぶりに・・・・   ついに・・・・・   ・・・・復活!!!   わー ぱちぱちぱち   ひゅー どんどんどんどん ぷぱぷぱ。     ・・・・と、いうわけで、祝賀ムード?を盛り上げる季節外れの八重桜です。   9カ月の間、ただ何もしていなかった訳ではありません。   写真は撮っていたのです。   次回からは過ぎ去った日々を振り返りつつ   お茶を濁して参りましょう。     ・・・・なんとなく振り返り気味な虫。   ジョウカイボンかと思われ。   漢字で書くと “浄海坊”。   ネーミングが謎な昆虫です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   おっ   調子出てきたんじゃない?  

昆虫

もうゴールデンウィーク終わっちゃいましたね

2012.05.07

もうゴールデンウィーク終わっちゃいましたね。 皆様楽しくお過ごしなされましたでしょうか・・・ ・・・ゴールデンウィーク最終日、こちらでは雹が降りました・・・ ジャガイモとかキャベツが穴だらけ。 ・・・天災・・・   連休中にリンゴの花が咲きました。 ブルーベリーも開花。 働くハチ。触角が長めのハチは何というハチでしょう? 以前、ちらっとご紹介したポポーという果樹の花も咲きました。 もっと後のほうに花が咲く勝手なイメージを抱いていたので、意外。 畑ではムギの穂が出てきました。麦秋近し。 サヤエンドウの花。 絹サヤ、収穫でき始めました。まずは みそ汁の具から。 サヤエンドウの謎のイモムシ。

イモムシ サヤエンドウ ブルーベリー ポポー ムギ リンゴ

春は盛り。なのか?

2012.04.10

桜が咲きました。 一説には、春、稲の神様(サ)がおりてくる場所(座=クラ)だから サクラ、と名前がついたとか。 春到来を知り農作業をはじめる目安であったようです。 暖かくなってきたので色々と花も咲き始めました。 水仙もまだ咲き誇っています。 子供の頃、雑誌の付録についていた『なぞなぞブック』を思い出します。 「なぞなぞ。トイレに咲く花は?」 答え。スイセン。 ・・・ ・・・子供の頃のおうちはまだくみとり式でした・・・ 「なぞなぞ2。 口の中に咲く花は?」 答え。ツバキ。 ・・・ 「なぞなぞ3。 冷蔵庫に咲く花は?」 答え。ヒヤシンス。 ・・・・ ヒヤシンスって漢字だと 風信子 って書くんですね。 名前の由来はギリシア神話のヒュアキントスという美青年だとか。 ヒュアキントスとアポロンという神様がいちゃいちゃ円盤投げして遊んでたのを 西風の神・ゼピュロスが嫉妬して(ゼピュロスはヒュアキントス・ラブであったそうな) アポロンが円盤を投げたときにいけずな風を吹かしたら あにはからんや 円盤の飛ぶ方向が変わってヒュアキントスを直撃、 介抱むなしくお亡くなりになってしまい そのとき流れたヒュアキントスの血から生えたのがヒヤシンスだそうです・・・ ちなみに ヒュアキントス、アポロン、ゼピュロスはいずれも男性です。 ムスカリも花盛り。別名 ブドウヒヤシンス。 ボケ(木瓜)も咲いてます。 中国から平安時代にやってきたそうです。 花言葉は、「先駆者」、「指導者」!、「妖精の輝き」!!、そして!!! 「平凡」・・・ ・・どっちだよ・・・ 沈丁花の香りをかぐと春を実感しますよね。 温室の中にあるミカンの木も花盛り。 もうすでにちっちゃいミカンが・・・ こちらも何故か温室にあるソラマメ。の、花。 こちらも何故か温室にあるダイコン。の、とうだちして咲いた花にハナアブ。 3月中旬にタネをまいたネギ。順調に育っています。 3月下旬にはナスのタネをまきました。発芽してます。 4月上旬にはキャベツのタネをまきました。 … 続きを読む

キャベツ サクラ スイセン ソラマメ ダイコン ツバキ ナス ネギ ネジロカミキリ ヒヤシンス ボケ ミカン ムスカリ 沈丁花

もうすぐ四月ですね

2012.03.30

だんだんと暖かくなってきました。 写真にはとれませんでしたが モンシロチョウやルリタテハを目撃しました。 水仙も花盛りです。 アセビも花盛り。 アセビは漢字で書くと 馬酔木。 有毒の葉っぱを馬が食べると酔っ払ったようにフラフラしてしまうということらしいです。 冬越ししていたサヤエンドウにネットを張りました。 ジャガイモも種いもを植えました。

アセビ サヤエンドウ ジャガイモ スイセン

お彼岸です

2012.03.19

明日は春分の日。お彼岸の中日です。 暑さ寒さも彼岸まで、と申します。 いよいよ春が来ますか・・・ ネズミも陽気に誘われでてきたか。ちゅー。 梅の花は次々と咲いています。 梅の香りがほのかに香る・・・ 地面に目を転じれば、ビオラも咲いています。   花壇に素焼きの植木鉢を伏せてありますが、何をしていると思いますか? 植木鉢の下には何が・・・? これは ルバーブ という植物。食用大黄(ショクヨウダイオウ)ともいいます。 茎を砂糖で煮てジャムにしたり、パイの具にしたりします。 植木鉢をかぶせていたのは日光を当てないため。 日光があたると茎は赤味がさした緑色になりますが、あてないと赤だけになります。 真っ暗な中で育てたルバーブの茎を使うとピンク色のジャムとかになり、きれいです。 ・・・収穫はまだまだですね・・・・もっと茎が伸びてから・・・

啓蟄を過ぎました。

2012.03.07

3月5日は啓蟄でした。 地中に潜んでいた虫が陽気に誘われ地上に出てくる時期です。 というわけで・・・・ 祝・啓蟄 特集~!! まずは バッタ。まだ動きが鈍いです。 木の枝にチョウがとまっているのがわかるかな? キタテハでしょうか。 ハサミムシ。 母親(♀成虫)が子育てをする虫として知られています。父は何もしません(汗)。 ハサミムシの中には母みずからが子供たちの餌になって子育てをする種類もいるようです。 サザンカの根元近くにキノコが生えていますが・・・ なにやら赤いものが・・・ これは・・・アザミウマという虫の仲間のようです。 黒いのが成虫、赤いのが幼虫と思われます。 クチキクダアザミウマでしょうか?キノコを食べる種類なようです。 やはりサザンカに生えていた別なキノコ・・・ 下をのぞくと・・・ぅわーお な状態。 キノコを食べているので・・・キノコムシの幼虫かと思われ・・・ キノコといえば・・・桑の木に・・・キクラゲ? うーん。 キノコとかって同定がむつかしい。     とうとう梅の花が咲きました。 梅一輪 一輪ほどのあたたかさ とはよくぞ言った。 松尾芭蕉の弟子、服部嵐雪という江戸時代の人の俳句だそうです。 この人、一時期 常陸国笠間藩に仕えたことがあるそうで。 なんと近くじゃん。 以前 ブログ上でご紹介したマンサクの花も盛りです。 何度見ても面白い花。錦糸卵かソーメンウリのようですね。 こちらの黄色い花は サンシュユ(山茱萸)です。別名ハルコガネバナとかヤマグミとか。 秋には赤い実がなるので アキサンゴ(秋珊瑚) とも。 写真にぴかちゅう的なものが写っていると思うのですが・・・どーですか? 沈丁花のしわしわの蕾も膨らみ春の香気をスタンバってます。

アザミウマ キタテハ キノコ キノコムシ サンシュユ ハサミムシ バッタ マンサク 昆虫 沈丁花

春 遠からじ、か。

2012.02.24

今日は天気も良く、割りと暖かな一日です。 チューリップも芽を出してきました。 黄色いのは マンサクの花。 一説には、いちばん早く咲く、「まず 咲く」がなまって マンサクになったとか。 黄色い ヒモ状のものが花びらです。赤くみえるのは がく。 なんか ぴろぴろ笛 を連想します。面白い花です。 ちなみに花言葉は、「霊感」、「ひらめき」、「神秘」、だそうです。 暖かさにつられたか クリの木の虫食い跡を巣にしていたのでしょう 蟻たちがわらわらと。 目を転じれば 死体の山。寒さにやられたか。 ビニールハウスで栽培してるタカナにアブが。 フタホシヒラタアブ? ヒラタアブの幼虫は蛆虫のような姿形ですが、アブラムシを食べるいわば益虫です。 成虫は花の蜜や花粉を餌とするようです。

アブ アリ マンサク 昆虫

あずき

2011.11.17

ハウスの中にアズキを干していたら・・・ アズキゾウムシが目ざとくやってきました。 近くにぶら下げていたNew金竜という粘着テープにくっついてました。 同じハウス内にあるガーベラ。 花の香りがなんか酸っぱい? めっきり冷え込んできました。風邪などひかれませんように・・・ 晩秋の風物詩になりつつある?皇帝ダリア。 最近あちらこちらでよく見ます。はやり?

アズキ 害虫

最新の記事

出会うとびっくり・アシダカグモもおいしいらしい。
早口ことば。アカタテハキタテハルリタテハ
見かける虫も限られてきたよ。
キャベツでみかけた蛾
帰り道でこれまでイノシシ2回、ブタ1回見たことがあります。公道で。

カテゴリー

毛虫 (5)
害虫 (17)
その他 (5)
病気 (9)
カメムシ (2)
ダイコン (4)
ハクサイ (4)
キノコ (15)
(1)
うさぎ (3)
鳥獣害 (1)
キャベツ (5)
ミニトマト (1)
レタス (1)
タマネギ (1)
カリフラワー (1)
ブロッコリー (2)
(4)
イベント (1)
(11)
アオイラガ (1)
昆虫 (28)
(11)
(3)
水菜 (1)
アズキ (1)
トマト (4)
ネコブセンチュウ (1)
うどんこ病 (1)
ウィルス (1)
アオムシ (2)
アブラムシ (8)
テントウムシ (3)
ミツバチ (2)
ハエ (2)
カイガラムシ (1)
ナス (12)
灰色カビ病 (1)
ピーマン (1)
(1)
(5)
(1)
クスサン (1)
キュウリ (5)
イチゴ (4)
天候 (1)
(1)
ブルーベリー (2)
剪定 (1)
ハモグリバエ (1)
ハダニ (3)
オサムシ (1)
イラガ (3)
(1)
カマキリ (5)
はやにえ (1)
アブ (1)
アリ (1)
マンサク (3)
バッタ (2)
キタテハ (3)
ハサミムシ (1)
アザミウマ (1)
キノコムシ (1)
(2)
サンシュユ (1)
沈丁花 (2)
スイセン (4)
サヤエンドウ (2)
ジャガイモ (5)
アセビ (2)
ムスカリ (2)
ボケ (3)
ツバキ (1)
サクラ (2)
ミカン (2)
ヒヤシンス (1)
ネギ (3)
ソラマメ (1)
ネジロカミキリ (1)
ルバーブ (2)
チューリップ (4)
つくし (3)
ツマグロヨコバイ (1)
ツチハンミョウ (1)
ネズミ (1)
リンゴ (4)
ポポー (1)
ムギ (1)
イモムシ (2)
サトイモ (1)
コアオハナムグリ (1)
ハムシ (2)
ミドリカミキリ (1)
スズメバチ (2)
サツマイモ (3)
カボチャ (3)
スイカ (6)
疫病 (2)
ヘビイチゴ (1)
カタバミ (1)
ヒメジョオン (1)
マイマイガ (3)
カシワマイマイ (2)
カシコスカシバ (2)
エビガラスズメ (2)
コスズメ (1)
モモスズメ (1)
イボタガ (2)
台風 (1)
被害 (1)
トウモロコシ (3)
オクラ (1)
エンドウマメ (1)
ニンニク (2)
リンゴドクガ (1)
ケラ (1)
アカエグリバ (1)
サビダニ (1)
キボシカミキリ (2)
セスジスズメ (1)
チャハマキ (1)
キジ (1)
クロメンガタスズメ (1)
ツノトンボ (1)
ユリ (2)
ヘチマ (1)
ヒマワリ (1)
トラカミキリ (2)
カブトムシ (4)
クワガタムシ (1)
コクワガタ (1)
オオミズアオ (1)
クワカミキリ (1)
マメハンミョウ (2)
アブラゼミ (2)
イネツトムシ (1)
イチモンジセセリ (1)
チャバネセセリ (1)
クワコ (2)
テングスケバ (1)
スケバハゴロモ (1)
ゴミムシダマシ (1)
バナナ (2)
パイナップル (2)
コケ (1)
コスモス (1)
シュンギク (1)
ネキリムシ (2)
イヌマキ (1)
宇宙イモ (1)
ムカゴ (1)
ハナムグリ (1)
オオウンモンクチバ (1)
ホシホウジャク (1)
ホシヒメホウジャク (1)
ゴボウ (2)
ハスモンヨトウ (1)
オオタバコガ (1)
ウワバ (2)
ヨモギエダシャク (1)
ゴボウヒゲナガアブラムシ (1)
クサカゲロウ (1)
ニンジン (3)
ハクセキレイ (1)
クリオオアブラムシ (1)
モンシロチョウ (1)
ハナアブ (1)
ハコベ (1)
(1)
タンポポ (1)
ドクガ (1)
オビカレハ (1)
ミノウスバ (2)
ブドウ (2)
クロモンベニマルハキバガ (1)
ウスタビガ (1)
ヒメヤママユ (1)
ウメ (3)
タマカタカイガラムシ (1)
アカホシテントウ (1)
ジガバチ (1)
アリバチ (1)
カミキリムシ (2)
リンゴカミキリ (1)
オトシブミ (1)
コイチャコガネ (1)
クリ (1)
カノコガ (1)
ベニシジミ (1)
トリバガ (1)
オオエグリシャチホコ (1)
アオダイショウ (1)
アメリカシロヒトリ (1)
カバイロモクメシャチホコ (1)
ヨツスジハナカミキリ (1)
ツマグロヒョウモン (1)
キクスイカミキリ (1)
キク (1)
オオアオゾウムシ (1)
ヤハズカミキリ (1)
ゴーヤ (1)
セミ (3)
ツユクサ (1)
アオバハゴロモ (1)
クロバネツリアブ (1)
ヤマイモハムシ (1)
キイロテントウ (2)
ムツトゲイセキグモ (1)
カエル (1)
ウスバカゲロウ (1)
アリジゴク (1)
ナカグロクチバ (1)
ヒマヤママユガ (1)
コブシ (2)
(1)
シソ (1)
トモエガ (1)
ハラナガツチバチ (1)
(1)
メンガタスズメ (1)
ハバチ (1)
モンクロギンシャチホコ (1)
キアゲハ (1)
ネギコガ (1)
クワ (1)
ハチ (2)
モンシデムシ (1)
シモフリスズメ (2)
ゴマ (1)
干支 (1)
雑感 (2)
クモ (2)
金魚草 (1)
クロッカス (1)
(1)
ブーゲンビリア (1)
ネコ (1)
ナズナ (1)
カラスノエンドウ (1)
ツガカレハ (1)
ビオラ (1)
シャクナゲ (1)
イタチ (1)
ナミテントウ (1)
モンシロドクガ (1)
クワゴマダラヒトリ (1)
アリグモ (1)
ゾウムシ (1)
バラ (1)
モモチョッキリゾウムシ (1)
ヒバリ (1)
スズメ (1)
ハト (1)
ブドウスズメ (1)
アカマダラケシキスイ (1)
(1)
カタツムリ (1)
(1)
ヒロオビジョウカイモドキ (1)
アゲハ (1)
オオスカシバ (2)
モンクロシャチホコ (1)
ガガンボ (1)
ホトトギルス (1)
ルリタテハ (1)
ムネアカセンチコガネ (1)
シャチホコガ (1)
イノシシ (1)
タマナギンウワバ (2)
ナガジロシタバ (1)
クサギカメムシ (1)

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ


プロフィール

名前 ; 豆 納 (まめ おさむ)
生年月日 ; 7月10日?
血液 ; さらさら?
性格 ; ねばっこい?
好きな食べ物 ; 白米、ネギ、
からし、醤油?
趣味 ; まぁー なんていうか
いろいろ?