みのり農園 とれたてブログ

カテゴリー別アーカイブ: 害虫

菊水、ではない菊吸

2013.07.24

今日の天気は曇りのち雨。 梅雨に戻ったような感じです。 今回は約2週間前に撮影した写真をご紹介いたします。 当農園ではキクも育てていますが、そのキクの葉陰でどんじゃらほいな虫の影・・・ あまり刺激すると逃げちゃいそうなので、いまいちなアングルですが これは・・・キクスイカミキリ! 黒地に赤丸の模様が、なかなかキュート。 ・・・なんて呑気なことはいってられない。 キクスイはキクの茎に卵を産みますが、その際、茎をがじがじするので 先端が萎れてしまいます。キクの害虫です。 ・・・・今気がつきましたが、“キクの茎”って 下から読んでも上から読んでも“きくのくき”で回文ですね。・・・

キク キクスイカミキリ 害虫 昆虫

田んぼで虫を見る

2012.09.12

皆様。 お久しぶりです。 ・・・・ 前回も同じような始まりでしたが・・・ 夏バテでした、ということで どうかひとつ・・・・   田んぼの方はもう実って穂がこうべを垂れていますが これからご紹介する写真は 稲の穂がでるかでないかの頃のものです。 以前、マメハンミョウという虫を田んぼで見つけた、とブログに書きましたが・・・ 実は大発生してました。 田んぼに生えているコナギという雑草を暴食中。 畦のシロツメクサも食べています。 ・・・ドクロベエ様 っぽいっすよね。おしおきだべぇ~ ・・・ついてこられない方がいるような・・・ご勘弁ください・・・   やはり田んぼで ちまき か 笹団子っぽいものが・・・ 稲の葉っぱを何枚かつづりあわせたものです。 中をのぞくと・・・ イモムシ! こちらは蛹! これはイネツトムシという奴です。 正式にはイチモンジセセリという蝶の幼虫です。 幼虫はイネやカヤツリグサ科の植物を食草としています。 これが成虫。 違うセセリの幼虫も。これはチャバネセセリ。 やはりイネ科の植物を食べるようです。 実際には9月のこの時点で あちらこちらの田んぼで皆様稲刈りをなされています。 もう新米の季節ですね・・・

イチモンジセセリ イネツトムシ チャバネセセリ マメハンミョウ 害虫 昆虫

夏・・・今年もやつがきた・・・その2

2012.07.30

毎日毎日猛暑が続きます。 へちまの花。糸瓜と書いて へちま と読みます。 へちまの実。 へちまの実から繊維がとれることに由来して糸瓜だとか。 糸瓜=いとうり が なまって “とうり”となり、 “と”の字は いろはの順では“へ” と ”ち“ の間にあるから へち間=へちま と呼ぶようになったそうです。・・・ ・・・・・・・・・ふーん。そうなんだ。   クイズ。これはなんの花でしょう。 夏のイメージ ばりばりの花です。 ・・・・そお、ヒマワリです。 よ~く見ると たくさんの小さい花が集まって 一つの大きな花の形を作ってるんですね。   マイマイガ? 今年はいつもより多く幼虫をリンゴやバラで見かけたような気がします。   ところで・・・今年も奴がやってきてくれました。パート・つーです。 養蚕が盛んだった昔はきっともっといただろう桑の害虫。 体色だけでなく しゃかしゃかとした動きまでハチに擬態している可愛(かわ)格好(かっこう)いい奴。 ん~ 枯葉が陰になってよく見えないが・・・これは・・・ ・・・こいつは・・・・! トラカミキリ~!! いやぁ~ 今年も来てくれましたか。よしよし。   トラカミキリの仲間には、ブドウの害虫であるブドウトラカミキリとか オオトラ、コトラ、クリストフコトラ、 キイロトラ、キスジトラ、キンケトラ、シロトラ、ヒメクロトラ、アカスジトラ、 ウスイロトラ、ヨツスジトラ、エグリトラ、トゲヒゲトラ、トガリバアカネトラ、 ヤノトラ、タケトラ、カンボウトラなどなど いろんな 虎カミキリがいます。   こいつはキボシカミキリ。イチジクの害虫です。クワも食べます。 葉裏の陰で食事中のカマキリ幼虫。 今日は暑いからソーメンか冷やし中華・・・という訳にはいきません。 肉食なので肉くわなきゃ。肉。虫のだけど。

カマキリ キボシカミキリ トラカミキリ ヒマワリ ヘチマ マイマイガ 害虫 昆虫

夏・・・今年もやつがきた

2012.07.25

夏、ですね。 ユリが咲きました。 香りもブンブンしてます。 活(い)けてあるユリは雄しべの花粉がつくと汚れるからでしょうか、 とっちゃってる場合が多いですが、個人的にはないと寂しく感じます。   ところで・・・今年も奴がやってきました。 数年前、巷(ちまた)で“なんか多いんじゃない?”と秘かに話題になって以来、 当農園でもここ毎年出没するナス科作物やゴマ等の害虫・・・ クロメンガタスズメ。 スズメガという大型の蛾の幼虫です。という訳で幼虫も大型です。 う○こ も、大型。 幼虫には、緑タイプと、黄色タイプがいるようです。 セスジスズメの幼虫ではまっすぐな尾角がぴこんぴこん軽やかに動いてましたが、クロメンガタスズメの幼虫の尾角はイボイボでくるっとしてます。 黄緑色の地に青と黄色のストライプがきまってます。 楕円形の黒いところは、息をする穴、気門です。   ・・・こいつがどんな成虫になるか、皆さん 気になるでしょ? 今回は特別?に、2、3年前に捕まえて冷凍したやつがいますので お見せしましょう。 じゃーん。 背中にしょってるドクロマーク。どうですか、皆さん。アウトローっぽいでしょ。 成虫は蜂蜜好きで、ミツバチの巣に侵入して蜜を盗み食いするので 養蜂家の皆様にとってはやはり害虫です。 でも、蜂蜜に夢中になりすぎて? ミツバチの攻撃にやられてしまい ミツバチの巣の中で死んでハチミツ漬けになったメンガタスズメの死体が たまに見られるらしいです。 ・・・なんか まぬけ で 憎めない感じ・・・ 因みに 幼虫も成虫も キイキイ 鳴きます。   ライトトラップで捕らえた ツノトンボ。 トンボに似てますが、長い触角があって もちろんトンボではありません。 幼虫がアリジゴクで有名なウスバカゲロウに近い仲間です。 ツノトンボの幼虫もアリジゴクに似ていますが、すり鉢状の巣は作らず、 石の下などにいるようです。

クロメンガタスズメ ツノトンボ ユリ 害虫

レアなイモムシ

2012.07.06

セスジスズメという蛾がいます。 幼虫はサトイモやコンニャクの葉を食べる害虫となっています。 これがセスジスズメ幼虫です。若い奴。 いわゆるイモムシで、写真左の方がお尻なのですが ちょろっとでてる尾角という突起をピコピコ振りながら歩くのでちょっと愉快な奴です。   基本、幼虫は若いときは全身黒、大きくなると灰褐色になります。 大きい幼虫。   ところが中には黄緑色の幼虫がいて、 非常に珍しい のだそうです。 ・・・というわけで・・・ 激?レア イモムシ ゲット! 大きいやつも ゲット!!!(ちなみに脱糞中です) ・・・・ ・・・・ ・・・・ま、そういうことで・・・     農園のお茶の樹が・・・ 何者かに暴食されています。 葉っぱをつづりあわせて巣を作っています。 中をむいてみると・・・ でてきたのはこいつ。チャハマキという蛾の幼虫で、お茶の害虫です。 これが成虫。雄です。ちっちゃい蛾です。     一昨日から セミの鳴き声が聞こえ始めました。 まだ大合唱ではないですが もう本格的な夏がすぐそこまで来ているということでしょうか。   ・・・夏の楽しみ スイカが・・・ 鳥?・・・キジだという噂・・・

キジ スイカ セスジスズメ チャハマキ 害虫 昆虫

祭りだ わっしょい

2012.02.13

ハウスで栽培しているナス。みのってます。 ・・・・・・ 超大型新人あらわる。普通の2倍? 横幅は。 ファッションリーダー的なナスも。名古屋巻き? へたが葉っぱになった斬新なナス。うーん クール。 と 言ってる場合ではなく ナスにモモアカアブラムシ 再び。 祭りか? こちらはすでに大盛り上がり。ハダニだ わっしょい。 (・・・よく見ると落下してるやつが・・・まっさかさーまーにー♪) ハダニはクモの仲間で基本、脚が8本あります。 ハダニはイチゴ、キュウリ、メロン、スイカ、ピーマン、トマト、インゲン、ダイズなどなど ほとんどの作物に寄生します。 針のような口を植物に突き刺して ちゅううっと吸います。 ので、 吸われたところは白く抜けて葉っぱがカスリ状になります。 糸を吐きながら歩き回るので、ハダニがとっても増えるとこのように葉っぱが 糸で覆われてしまいます。 ハダニのことを英語で spider mite スパイダーマイト、といいます。 脚8本だし、クモのように糸を吐くからですかね? ハダニは卵で増えます。卵からかえった幼虫は3回脱皮して成虫になります。 ♀成虫が♂成虫と交尾して受精した卵からは♀が生まれ、受精しなかった無精卵は♂になります。 普段は葉っぱの裏にいて、小さいのでなかなか気がつきません。 気付いた時には 祭り・・・よくよく注意しないとね。 ・・・・・・と、いうわけで・・・・・・ 祭りは強制終了。 ぷしゅーっとな。 うぎゃー(ハダニの叫び)

アブラムシ ナス ハダニ 害虫

寒さがつづきますが皆様いかがお過ごしでしょうか

2012.01.31

お寒い日がつづいております・・・ 朝の通勤時、車の温度計はマイナス表示です。 ・・・・・・ 厳寒の冬をリンゴのわきの下でやり過ごそうとする蝶(アゲハ系?)の蛹。 暖かい春を夢見て・・・ ・・・ ・・・ちょうちょじゃなくて こまいハチが出てきたりすんだよね・・・ この黒いたまたまは? さて何でしょう。 答えは ポポー という木の芽。 ポポー、または ポーポー(Pawpaw)は北米東部原産の熱帯果樹で とはいえ 寒さにとても強いので 屋外でも育てることができるんだとか。 果実は独特の香りがあり、果肉はバター質で甘味が強いそうです。・・・ ・・・ これまで花は咲けども山吹の・・・実が一つだになっていないそうで・・・ 実がなったら是非食してみたいと思います。・・・ お外は寒いですがハウスの中は暖かいです。 キュウリの発芽。 ・・・オオグチボヤっぽいですよね。 年初の頃に ハウスのナスがアブラムシでお祭り状態だとご紹介しました。 祭りは終わった・・・のですが、なお熱気さめやらぬ衆が。 別な祭りをたくらむ虫(ヒト)。 ハモグリバエです。幼虫は絵描き虫といって葉っぱの葉肉を食べてトンネルを掘っていきます。 その食べた跡が白っぽくなり絵を描いたように見えるのでそう呼ばれています。 これはペチュニアですが、こんな感じになります。 ・・・抽象絵画ですね。

アブラムシ イチゴ ナス ハダニ ハモグリバエ 害虫

春を待つ

2012.01.11

今日も今日とて冷たい風が吹いております・・・ 温室の扉の隙間にアゲハ系の蝶の蛹が。 昨年の台風でやられた栗の木を伐採して積んであります。 虫食いひどい。折れてしまうはずです。 生き残った栗の木を見ると、怪しい物体が・・・ こちらにも。(ピンボケ御容赦ください) どうもクスサンという大型の蛾の卵のようです。 幼虫は白い毛が みっしり生えていて 通称 白髪太郎 といいます。 ・・・春が楽しみですね。・・・ 他の栗に別な黒い何かが。 これはクリオオアブラムシの卵のようです。 クリオオアブラムシは栗の他、コナラやクヌギ、カシなどの樹木に寄生します。 栗の隣にある桑にはカイガラムシが。(白いやつ) 桑だからクワシロカイガラムシ? 雄のカイガラでしょうか。 ミノムシも寒さに耐えてます。 梅もまだまだ。春は遠い。

アブラムシ クスサン 害虫

本年もよろしくお願い申し上げます

2012.01.05

2012年になりました。 今年はどんな年になりますでしょうか・・・ 今日は冷たい風が強く吹いております・・・ 本年の虫はじめは・・・ モモアカアブラムシ。 ハウス栽培のナスがお祭り状態です。 わっしょい  わっしょい 祭りの熱気が 隣のハウスのピーマンにも。 お~ぅ。   モモアカアブラムシは 冬にはモモやスモモで卵の状態でいます。 春、卵からかえった♀(幹母、といいます)が子供を産み、 翅(はね)のある♀がモモから他の野菜や花など多くの植物へ移動します。 これらの♀は胎生雌虫といい、幼虫をそのまま♀だけでじゃかすか産みます。 (はねのあるのは有翅胎生雌虫、無いのは無翅胎生雌虫といいます。) 産まれてきた幼虫のお腹の中には次に産まれてくる子供がもうすでに準備されています。 繁殖力が旺盛なので うっかりすると お祭り状態に・・・ 秋になると 卵を産むことができる♀を産む♀(産雌虫といいます。ややこしい。)と 雄が出現します。 産雌虫は、もとのモモやスモモに移動し、卵を産む♀(産卵雌虫)を産みます。 産卵雌虫は雄と交尾し、卵を産みます。 暖かいところでは、胎生雌虫のまま越冬したりします。   ・・・新年早々、マニアックかつややこしい話をしてしまいました・・・ つづきはまたの機会に・・・ って つづくのかよっ と、ひとり つっこむ。

アブラムシ ナス ピーマン 害虫

もうすぐクリスマスですね

2011.12.20

日本三大瀑布のひとつ、茨城県は袋田の滝・・・ではありません。 雨どいから流れる水が寒くて凍っていました。 冬枯れているリンゴ。 枝先に残る葉っぱに・・・ アブラムシが頑張っています。 アブラムシはセミの仲間です。針のようになっている口を 植物にさしてその汁を吸います。ちゅー。 枯れたようなリンゴの葉っぱから汁はでるのか・・・? 枯れ芭蕉。 枯れた感、MAXです。 暖かくなってきたら、復活します。 ブルーベリーにくっついてたこれは?! ポップコーンがとんできてひっついたのでしょうか?(なーんて) ・・・ポップコーンっぽいでしょ? 正体はツノロウカイガラムシという虫でした。たぶん。 これは♀。脚とか触角とかは退化して植物の汁を吸う口と、繁殖のための卵巣だけになって 植物にずっとくっついて生活しています。 カイガラムシもセミやアブラムシの仲間です。     沈丁花にもう蕾がついてました。 長風呂したあとの指のようにしわしわしてます。     ・・・タイトルは本文とまったく関係なかったね。  

アブラムシ カイガラムシ 害虫 昆虫

最新の記事

天気が悪い日がつづく
お盆休み前にもういっちょいっときますか
もしかして一年ぶりですか?・・・・
スイカの種が・・・
夏だ!夏になったんだ!!

カテゴリー

毛虫 (3)
害虫 (17)
その他 (3)
病気 (9)
カメムシ (2)
ダイコン (4)
ハクサイ (4)
キノコ (14)
(1)
うさぎ (3)
鳥獣害 (1)
キャベツ (5)
ミニトマト (1)
レタス (1)
タマネギ (1)
カリフラワー (1)
ブロッコリー (2)
(4)
イベント (1)
(11)
アオイラガ (1)
昆虫 (28)
(11)
(3)
水菜 (1)
アズキ (1)
トマト (4)
ネコブセンチュウ (1)
うどんこ病 (1)
ウィルス (1)
アオムシ (2)
アブラムシ (8)
テントウムシ (3)
ミツバチ (2)
ハエ (2)
カイガラムシ (1)
ナス (12)
灰色カビ病 (1)
ピーマン (1)
(1)
(5)
(1)
クスサン (1)
キュウリ (5)
イチゴ (4)
天候 (1)
(1)
ブルーベリー (2)
剪定 (1)
ハモグリバエ (1)
ハダニ (3)
オサムシ (1)
イラガ (3)
(1)
カマキリ (4)
はやにえ (1)
アブ (1)
アリ (1)
マンサク (3)
バッタ (2)
キタテハ (2)
ハサミムシ (1)
アザミウマ (1)
キノコムシ (1)
(2)
サンシュユ (1)
沈丁花 (2)
スイセン (4)
サヤエンドウ (2)
ジャガイモ (5)
アセビ (2)
ムスカリ (2)
ボケ (3)
ツバキ (1)
サクラ (2)
ミカン (2)
ヒヤシンス (1)
ネギ (3)
ソラマメ (1)
ネジロカミキリ (1)
ルバーブ (2)
チューリップ (4)
つくし (3)
ツマグロヨコバイ (1)
ツチハンミョウ (1)
ネズミ (1)
リンゴ (4)
ポポー (1)
ムギ (1)
イモムシ (2)
サトイモ (1)
コアオハナムグリ (1)
ハムシ (2)
ミドリカミキリ (1)
スズメバチ (2)
サツマイモ (3)
カボチャ (3)
スイカ (6)
疫病 (2)
ヘビイチゴ (1)
カタバミ (1)
ヒメジョオン (1)
マイマイガ (3)
カシワマイマイ (2)
カシコスカシバ (2)
エビガラスズメ (2)
コスズメ (1)
モモスズメ (1)
イボタガ (2)
台風 (1)
被害 (1)
トウモロコシ (3)
オクラ (1)
エンドウマメ (1)
ニンニク (2)
リンゴドクガ (1)
ケラ (1)
アカエグリバ (1)
サビダニ (1)
キボシカミキリ (2)
セスジスズメ (1)
チャハマキ (1)
キジ (1)
クロメンガタスズメ (1)
ツノトンボ (1)
ユリ (2)
ヘチマ (1)
ヒマワリ (1)
トラカミキリ (2)
カブトムシ (4)
クワガタムシ (1)
コクワガタ (1)
オオミズアオ (1)
クワカミキリ (1)
マメハンミョウ (2)
アブラゼミ (1)
イネツトムシ (1)
イチモンジセセリ (1)
チャバネセセリ (1)
クワコ (2)
テングスケバ (1)
スケバハゴロモ (1)
ゴミムシダマシ (1)
バナナ (2)
パイナップル (2)
コケ (1)
コスモス (1)
シュンギク (1)
ネキリムシ (2)
イヌマキ (1)
宇宙イモ (1)
ムカゴ (1)
ハナムグリ (1)
オオウンモンクチバ (1)
ホシホウジャク (1)
ホシヒメホウジャク (1)
ゴボウ (2)
ハスモンヨトウ (1)
オオタバコガ (1)
ウワバ (2)
ヨモギエダシャク (1)
ゴボウヒゲナガアブラムシ (1)
クサカゲロウ (1)
ニンジン (3)
ハクセキレイ (1)
クリオオアブラムシ (1)
モンシロチョウ (1)
ハナアブ (1)
ハコベ (1)
(1)
タンポポ (1)
ドクガ (1)
オビカレハ (1)
ミノウスバ (2)
ブドウ (2)
クロモンベニマルハキバガ (1)
ウスタビガ (1)
ヒメヤママユ (1)
ウメ (3)
タマカタカイガラムシ (1)
アカホシテントウ (1)
ジガバチ (1)
アリバチ (1)
カミキリムシ (1)
リンゴカミキリ (1)
オトシブミ (1)
コイチャコガネ (1)
クリ (1)
カノコガ (1)
ベニシジミ (1)
トリバガ (1)
オオエグリシャチホコ (1)
アオダイショウ (1)
アメリカシロヒトリ (1)
カバイロモクメシャチホコ (1)
ヨツスジハナカミキリ (1)
ツマグロヒョウモン (1)
キクスイカミキリ (1)
キク (1)
オオアオゾウムシ (1)
ヤハズカミキリ (1)
ゴーヤ (1)
セミ (2)
ツユクサ (1)
アオバハゴロモ (1)
クロバネツリアブ (1)
ヤマイモハムシ (1)
キイロテントウ (1)
ムツトゲイセキグモ (1)
カエル (1)
ウスバカゲロウ (1)
アリジゴク (1)
ナカグロクチバ (1)
ヒマヤママユガ (1)
コブシ (2)
(1)
シソ (1)
トモエガ (1)
ハラナガツチバチ (1)
(1)
メンガタスズメ (1)
ハバチ (1)
モンクロギンシャチホコ (1)
キアゲハ (1)
ネギコガ (1)
クワ (1)
ハチ (2)
モンシデムシ (1)
シモフリスズメ (2)
ゴマ (1)
干支 (1)
雑感 (2)
クモ (1)
金魚草 (1)
クロッカス (1)
(1)
ブーゲンビリア (1)
ネコ (1)
ナズナ (1)
カラスノエンドウ (1)
ツガカレハ (1)
ビオラ (1)
シャクナゲ (1)
イタチ (1)
ナミテントウ (1)
モンシロドクガ (1)
クワゴマダラヒトリ (1)
アリグモ (1)
ゾウムシ (1)
バラ (1)
モモチョッキリゾウムシ (1)
ヒバリ (1)
スズメ (1)
ハト (1)
ブドウスズメ (1)
アカマダラケシキスイ (1)
(1)
カタツムリ (1)

カレンダー

2017年8月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ


プロフィール

名前 ; 豆 納 (まめ おさむ)
生年月日 ; 7月10日?
血液 ; さらさら?
性格 ; ねばっこい?
好きな食べ物 ; 白米、ネギ、
からし、醤油?
趣味 ; まぁー なんていうか
いろいろ?