みのり農園 とれたてブログ

月別アーカイブ: 6月 2013

スイカ→鳥がつつく→鳥のような翅の蛾→蛾

2013.06.28

来るべき夏に向けて、スイカ 成長中。 敵はカラスとキジ。 くちばしで穴をあけてしまいます。   ハウス内にいた トリバガ という蛾の仲間。 とまり方が普通の蛾のイメージとは違う感じです。 トリバガは名前の通り、翅が鳥の羽毛の様です。   建屋の壁にとまっていた蛾。 オオエグリシャチホコ という蛾のようです。 幼虫はフジとかニセアカシアを食べるそうです。

オオエグリシャチホコ スイカ トリバガ

梅雨の晴れ間

2013.06.25

ウメの実も熟してボトボト落ちています。 リンゴの実もここまで大きくなりました。 リンゴの枝にこの前ご紹介したリンゴカミキリ(たぶん)が。 オトシブミもいました。(何オトシブミかはちょっと未同定。) リンゴの枝にイラガの繭もありました。 イラガは毒のある毛虫で、刺されるととても痛いことから別名デンキムシとも。 ・・・・・スタンガン的な?・・・・ ブドウもこの位の大きさに。 ブドウにはコイチャコガネが葉っぱで休息中。 クリの葉にはカシワスカシバという蛾が。 これはカノコガという蛾。   ベニシジミという小さい蝶。 梅雨の晴れ間にいろいろな虫が見られた一日でした。 カボチャもここまで大きくなりました。

イラガ ウメ オトシブミ カシコスカシバ カノコガ カボチャ クリ コイチャコガネ ブドウ ベニシジミ リンゴ リンゴカミキリ

カミキリムシ

2013.06.20

今日は梅雨らしいというか、どんより湿気の高い日です。 気分を高めるため(?)、6月上旬から農園で見られたカミキリムシをご紹介いたしましよう。 ・・・・・ ・・・・・そうです、ただ私がカミキリムシが好きなだけです。・・・・   黒とオレンジ色のこの虫は、リンゴカミキリです。たぶん。 (たぶん、というのはこのリンゴカミキリの仲間はよく似たのが色々いるので・・・) 名前の通り、リンゴやサクラなどのバラ科の植物の若い葉や枝に集まります。 また、スイカズラの花に来て、葉っぱを食べてたりします。 これがスイカズラ。の花。因みに漢字では“忍冬”。 かじられた葉っぱ。このように葉の真ん中をすじ状に食べます。 皆さんもスイカズラの花をみつけたら、葉っぱがすじ状に食べられていないかチェックして みてください。食べ痕があれば近くにリンゴカミキリがいるかも。   農園のクワにいたキボシカミキリ。 クワやイチジクの害虫です。農園のクワのそばにイチジクもありますので、ウハウハですね。   カリンの木をかじっていたゴマダラカミキリ。 ミカンの害虫でもあります。 幼虫は木の中で過ごしますが、成虫になるとき木の中から外へ脱出するのに開ける穴が 鉄砲で撃たれたようだ、というので幼虫を“鉄砲虫”ともいいます。 駆除奨励のため、場所によっては成虫をもっていくと一匹いくらでお金をくれるとか。 昔の話かな?   ベニカミキリ。 私の中では初夏の頃、晴天をふわ~っと飛ぶ赤い虫、というイメージです。 成虫は花の蜜を食すようですが、幼虫は竹の中で竹を食べて育ちます。 竹やぶで枯れた竹に穴があいているのを見かけたら、ベニカミキリ成虫が脱出した穴かもしれません。   キスジトラカミキリ。 クリとかの花に集まったり、広葉樹の伐採木でよく見かけます。 黒と黄色を基調とした体色は蜂に擬態していると考えられます。 実際、歩いているのを観察するとなんとなく蜂っぽい動きです。   ・・・・どうですか。皆さん。気分高まりましたか。(苦笑) 因みに日本にはカミキリムシは900数種いるそうです。

カミキリムシ 昆虫

タマネギとハチの話

2013.06.18

もう過去のことなのですが・・・・ 6月上旬にタマネギを収穫しました。 タマネギの葉がばたーっと倒れたときが収穫の目安です。   サトジガバチという狩蜂はイモムシを収獲です。 ジガバチは漢字で『似我蜂』と書きます。 ジガバチはイモムシに針を刺して毒液を注射し麻酔し、巣穴に運び入れます。 そしてイモムシに卵を産みつけます。 イモムシは動けないだけで死んではいないので、腐らず新鮮なままジガバチ幼虫の餌に・・・ 聞いたことはないですが、イモムシを巣穴に入れふたをするとき、特有の羽音がするといいます。 “似(じ)我(が) 似(じ)我(が)” ・・・・・ “我に似よ、我に似よ” ジガバチの名前の由来です。 昔の人はジガバチがイモムシを入れた穴から蜂が出てくるのに気づき、 蜂がイモムシに呪文をかけているように考えたのかも知れません。   ジガバチがイモムシを運んでいるそばで忙しそうに走り回るアリのような虫が・・・ アリに似ていますが、ハチです。アリバチの仲間です。 アリかと思って手にとったりすると、ハチなので針があり、刺されます。 基本、翅がないのでが♀で、翅があるのが♂です。という訳で写真は♀。 他のハチとかに寄生するそうです。

アリバチ ジガバチ

梅の害虫と天敵

2013.06.12

台風接近のため、ようやく梅雨らしい感じになってきました。   梅の実が熟す頃のことであるので、『梅雨』と書くそうですが・・・   農園内の梅の枝が妙なことになっています。ちなみに写真は5月に撮ったものです。 なにやらビッシリと・・・・ 赤っぽい丸いのと白いのが・・・ これはタマカタカイガラムシという梅につく害虫です。これでも虫です。 梅の他、バラ科の植物につくそうです。 丸いのはメス成虫、白いのはオスの成虫になる寸前の終齢幼虫と成虫になって残された脱皮殻ではないかと・・・ メスは枝にくっついてそのまま定住しますが、オスは翅があって飛びます。 タマカタカイガラムシの中にまた他とは違うトゲトゲしたものが・・・ これはタマカタカイガラムシを食べる天敵、アカホシテントウというテントウムシの蛹のようです。 アカホシテントウは成虫も幼虫もカタカイガラムシを食べるようです。

アカホシテントウ ウメ タマカタカイガラムシ

完熟?きゅうり

2013.06.10

今回のブログは特集記事“きゅうり”とあわせてお読みください。   キュウリは果実のタイプにより大きく白イボ系と黒イボ系に分けることができます。 また、原産地のインド北部からの経由ルートにより、華北型と華南型にも分けることができます。 現在栽培されているキュウリはほとんどが白イボ系です。 イボが白いのがおわかりいただけるかと・・・・ こちらは黒イボ系キュウリ。相模半白という江戸以前に渡来したという華南型キュウリです。 相模半白の完熟。 キュウリの漢字に“胡瓜”をあてるのは来歴を、また、“黄瓜”と書くのは熟すと黄色くなることに由来します。 現在は未熟な青い果実を食しますが、昔は熟したものを食べていたといいます。 黒イボであることがはっきりとお分かりになるかと思います。 相模半白の青いキュウリと完熟?キュウリを切ってみました。 完熟の方が果肉の白さが際立っているような・・・ ・・・という訳で両方を食べ比べてみました。 ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・どっちもキュウリ・・・・

キュウリ

イモムシ

2013.06.05

5月下旬撮影の写真ながら・・・ クリの木にいた大型イモムシ。 ウスタビガという大きめな蛾の3齢幼虫。 ウスタビガの幼虫は齢ごとに姿形が変わるそうで、で、3齢とわかります。 こちらはヒメヤママユというやはり大きめな蛾の若齢幼虫です。 これもヒマヤママユ幼虫で、こちらは終齢。 終齢の方はカイドウという木にいました。    

ウスタビガ ヒメヤママユ

最新の記事

天気が悪い日がつづく
お盆休み前にもういっちょいっときますか
もしかして一年ぶりですか?・・・・
スイカの種が・・・
夏だ!夏になったんだ!!

カテゴリー

毛虫 (3)
害虫 (17)
その他 (3)
病気 (9)
カメムシ (2)
ダイコン (4)
ハクサイ (4)
キノコ (14)
(1)
うさぎ (3)
鳥獣害 (1)
キャベツ (5)
ミニトマト (1)
レタス (1)
タマネギ (1)
カリフラワー (1)
ブロッコリー (2)
(4)
イベント (1)
(11)
アオイラガ (1)
昆虫 (28)
(11)
(3)
水菜 (1)
アズキ (1)
トマト (4)
ネコブセンチュウ (1)
うどんこ病 (1)
ウィルス (1)
アオムシ (2)
アブラムシ (8)
テントウムシ (3)
ミツバチ (2)
ハエ (2)
カイガラムシ (1)
ナス (12)
灰色カビ病 (1)
ピーマン (1)
(1)
(5)
(1)
クスサン (1)
キュウリ (5)
イチゴ (4)
天候 (1)
(1)
ブルーベリー (2)
剪定 (1)
ハモグリバエ (1)
ハダニ (3)
オサムシ (1)
イラガ (3)
(1)
カマキリ (4)
はやにえ (1)
アブ (1)
アリ (1)
マンサク (3)
バッタ (2)
キタテハ (2)
ハサミムシ (1)
アザミウマ (1)
キノコムシ (1)
(2)
サンシュユ (1)
沈丁花 (2)
スイセン (4)
サヤエンドウ (2)
ジャガイモ (5)
アセビ (2)
ムスカリ (2)
ボケ (3)
ツバキ (1)
サクラ (2)
ミカン (2)
ヒヤシンス (1)
ネギ (3)
ソラマメ (1)
ネジロカミキリ (1)
ルバーブ (2)
チューリップ (4)
つくし (3)
ツマグロヨコバイ (1)
ツチハンミョウ (1)
ネズミ (1)
リンゴ (4)
ポポー (1)
ムギ (1)
イモムシ (2)
サトイモ (1)
コアオハナムグリ (1)
ハムシ (2)
ミドリカミキリ (1)
スズメバチ (2)
サツマイモ (3)
カボチャ (3)
スイカ (6)
疫病 (2)
ヘビイチゴ (1)
カタバミ (1)
ヒメジョオン (1)
マイマイガ (3)
カシワマイマイ (2)
カシコスカシバ (2)
エビガラスズメ (2)
コスズメ (1)
モモスズメ (1)
イボタガ (2)
台風 (1)
被害 (1)
トウモロコシ (3)
オクラ (1)
エンドウマメ (1)
ニンニク (2)
リンゴドクガ (1)
ケラ (1)
アカエグリバ (1)
サビダニ (1)
キボシカミキリ (2)
セスジスズメ (1)
チャハマキ (1)
キジ (1)
クロメンガタスズメ (1)
ツノトンボ (1)
ユリ (2)
ヘチマ (1)
ヒマワリ (1)
トラカミキリ (2)
カブトムシ (4)
クワガタムシ (1)
コクワガタ (1)
オオミズアオ (1)
クワカミキリ (1)
マメハンミョウ (2)
アブラゼミ (1)
イネツトムシ (1)
イチモンジセセリ (1)
チャバネセセリ (1)
クワコ (2)
テングスケバ (1)
スケバハゴロモ (1)
ゴミムシダマシ (1)
バナナ (2)
パイナップル (2)
コケ (1)
コスモス (1)
シュンギク (1)
ネキリムシ (2)
イヌマキ (1)
宇宙イモ (1)
ムカゴ (1)
ハナムグリ (1)
オオウンモンクチバ (1)
ホシホウジャク (1)
ホシヒメホウジャク (1)
ゴボウ (2)
ハスモンヨトウ (1)
オオタバコガ (1)
ウワバ (2)
ヨモギエダシャク (1)
ゴボウヒゲナガアブラムシ (1)
クサカゲロウ (1)
ニンジン (3)
ハクセキレイ (1)
クリオオアブラムシ (1)
モンシロチョウ (1)
ハナアブ (1)
ハコベ (1)
(1)
タンポポ (1)
ドクガ (1)
オビカレハ (1)
ミノウスバ (2)
ブドウ (2)
クロモンベニマルハキバガ (1)
ウスタビガ (1)
ヒメヤママユ (1)
ウメ (3)
タマカタカイガラムシ (1)
アカホシテントウ (1)
ジガバチ (1)
アリバチ (1)
カミキリムシ (1)
リンゴカミキリ (1)
オトシブミ (1)
コイチャコガネ (1)
クリ (1)
カノコガ (1)
ベニシジミ (1)
トリバガ (1)
オオエグリシャチホコ (1)
アオダイショウ (1)
アメリカシロヒトリ (1)
カバイロモクメシャチホコ (1)
ヨツスジハナカミキリ (1)
ツマグロヒョウモン (1)
キクスイカミキリ (1)
キク (1)
オオアオゾウムシ (1)
ヤハズカミキリ (1)
ゴーヤ (1)
セミ (2)
ツユクサ (1)
アオバハゴロモ (1)
クロバネツリアブ (1)
ヤマイモハムシ (1)
キイロテントウ (1)
ムツトゲイセキグモ (1)
カエル (1)
ウスバカゲロウ (1)
アリジゴク (1)
ナカグロクチバ (1)
ヒマヤママユガ (1)
コブシ (2)
(1)
シソ (1)
トモエガ (1)
ハラナガツチバチ (1)
(1)
メンガタスズメ (1)
ハバチ (1)
モンクロギンシャチホコ (1)
キアゲハ (1)
ネギコガ (1)
クワ (1)
ハチ (2)
モンシデムシ (1)
シモフリスズメ (2)
ゴマ (1)
干支 (1)
雑感 (2)
クモ (1)
金魚草 (1)
クロッカス (1)
(1)
ブーゲンビリア (1)
ネコ (1)
ナズナ (1)
カラスノエンドウ (1)
ツガカレハ (1)
ビオラ (1)
シャクナゲ (1)
イタチ (1)
ナミテントウ (1)
モンシロドクガ (1)
クワゴマダラヒトリ (1)
アリグモ (1)
ゾウムシ (1)
バラ (1)
モモチョッキリゾウムシ (1)
ヒバリ (1)
スズメ (1)
ハト (1)
ブドウスズメ (1)
アカマダラケシキスイ (1)
(1)
カタツムリ (1)

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ


プロフィール

名前 ; 豆 納 (まめ おさむ)
生年月日 ; 7月10日?
血液 ; さらさら?
性格 ; ねばっこい?
好きな食べ物 ; 白米、ネギ、
からし、醤油?
趣味 ; まぁー なんていうか
いろいろ?