みのり農園 とれたてブログ

月別アーカイブ: 1月 2012

寒さがつづきますが皆様いかがお過ごしでしょうか

2012.01.31

お寒い日がつづいております・・・ 朝の通勤時、車の温度計はマイナス表示です。 ・・・・・・ 厳寒の冬をリンゴのわきの下でやり過ごそうとする蝶(アゲハ系?)の蛹。 暖かい春を夢見て・・・ ・・・ ・・・ちょうちょじゃなくて こまいハチが出てきたりすんだよね・・・ この黒いたまたまは? さて何でしょう。 答えは ポポー という木の芽。 ポポー、または ポーポー(Pawpaw)は北米東部原産の熱帯果樹で とはいえ 寒さにとても強いので 屋外でも育てることができるんだとか。 果実は独特の香りがあり、果肉はバター質で甘味が強いそうです。・・・ ・・・ これまで花は咲けども山吹の・・・実が一つだになっていないそうで・・・ 実がなったら是非食してみたいと思います。・・・ お外は寒いですがハウスの中は暖かいです。 キュウリの発芽。 ・・・オオグチボヤっぽいですよね。 年初の頃に ハウスのナスがアブラムシでお祭り状態だとご紹介しました。 祭りは終わった・・・のですが、なお熱気さめやらぬ衆が。 別な祭りをたくらむ虫(ヒト)。 ハモグリバエです。幼虫は絵描き虫といって葉っぱの葉肉を食べてトンネルを掘っていきます。 その食べた跡が白っぽくなり絵を描いたように見えるのでそう呼ばれています。 これはペチュニアですが、こんな感じになります。 ・・・抽象絵画ですね。

アブラムシ イチゴ ナス ハダニ ハモグリバエ 害虫

雪が降りました

2012.01.24

昨日の夜から雪が降り出し、積もりました。 畑も白いです。向こうに見えるのはハクサイ。 午後には雪はほとんど消えてしまいました。 ・・・・・・ あるお方からご要望がありまして ブルーベリーの剪定について少し。 講師はYさん。 剪定前のブルーベリー。 剪定のポイントは以下。 株元の弱っちそうな枝や内向きの枝、重なり合う枝、下向きの枝は適当に間引く。 株元から伸びる60cm以上の長い枝(シュート)は先端から3分の1を切り戻す。 花芽のついた枝(結果枝)も先端を切りつめ花芽の数を2分の1~3分の1に減らす。そうすると実が大きくなる。細くて短い結果枝はすべてとってしまうか、花芽の部分だけとってしまう。 というわけで剪定後のブルーベリーはこちら。 ちなみにブルーベリーはラビットアイでした。 ・・・・・・・・・ いろいろと園芸本とかの方も あたってみてください。・・・ 責任は負えませんので・・・

ブルーベリー 剪定 天候

ハウスの作物

2012.01.19

ハウスで栽培しているキュウリに実がついてきました。 キュウリの花。 キュウリの花は雌花と雄花があります。(雌雄異花といいます) これは雌花。 花を横から見ると、小さいキュウリがすでにスタンバってます。 こちらはナス。の花。 ひとつの花の中におしべとめしべがあるのを雌雄同花といいます。 ナスも実がなっています。 ナスのつぼみ。結構、とんがってますね。 葉っぱも 少しとんがってます。ちくっとな。 イチゴはすでに食べ頃をむかえております。 育苗用ハウスの片隅には割りと意外な?植物が。さて何の花でしょう。 答えは バナナ。 青い実がついてますが さすがに寒くて調子悪そう・・・。 低温乾燥の日々がつづいてますので 皆様におかれましても調子を悪くされませんように・・・

イチゴ キュウリ ナス

春を待つ

2012.01.11

今日も今日とて冷たい風が吹いております・・・ 温室の扉の隙間にアゲハ系の蝶の蛹が。 昨年の台風でやられた栗の木を伐採して積んであります。 虫食いひどい。折れてしまうはずです。 生き残った栗の木を見ると、怪しい物体が・・・ こちらにも。(ピンボケ御容赦ください) どうもクスサンという大型の蛾の卵のようです。 幼虫は白い毛が みっしり生えていて 通称 白髪太郎 といいます。 ・・・春が楽しみですね。・・・ 他の栗に別な黒い何かが。 これはクリオオアブラムシの卵のようです。 クリオオアブラムシは栗の他、コナラやクヌギ、カシなどの樹木に寄生します。 栗の隣にある桑にはカイガラムシが。(白いやつ) 桑だからクワシロカイガラムシ? 雄のカイガラでしょうか。 ミノムシも寒さに耐えてます。 梅もまだまだ。春は遠い。

アブラムシ クスサン 害虫

本年もよろしくお願い申し上げます

2012.01.05

2012年になりました。 今年はどんな年になりますでしょうか・・・ 今日は冷たい風が強く吹いております・・・ 本年の虫はじめは・・・ モモアカアブラムシ。 ハウス栽培のナスがお祭り状態です。 わっしょい  わっしょい 祭りの熱気が 隣のハウスのピーマンにも。 お~ぅ。   モモアカアブラムシは 冬にはモモやスモモで卵の状態でいます。 春、卵からかえった♀(幹母、といいます)が子供を産み、 翅(はね)のある♀がモモから他の野菜や花など多くの植物へ移動します。 これらの♀は胎生雌虫といい、幼虫をそのまま♀だけでじゃかすか産みます。 (はねのあるのは有翅胎生雌虫、無いのは無翅胎生雌虫といいます。) 産まれてきた幼虫のお腹の中には次に産まれてくる子供がもうすでに準備されています。 繁殖力が旺盛なので うっかりすると お祭り状態に・・・ 秋になると 卵を産むことができる♀を産む♀(産雌虫といいます。ややこしい。)と 雄が出現します。 産雌虫は、もとのモモやスモモに移動し、卵を産む♀(産卵雌虫)を産みます。 産卵雌虫は雄と交尾し、卵を産みます。 暖かいところでは、胎生雌虫のまま越冬したりします。   ・・・新年早々、マニアックかつややこしい話をしてしまいました・・・ つづきはまたの機会に・・・ って つづくのかよっ と、ひとり つっこむ。

アブラムシ ナス ピーマン 害虫

最新の記事

スイカの種が・・・
夏だ!夏になったんだ!!
イボタガ幼虫のその後。
毎年キンモクセイの樹の下に落ちてます。が、姿はなかなか確認できない。
ぶん♪ぶん♪ぶん♪ 

カテゴリー

毛虫 (3)
害虫 (17)
その他 (3)
病気 (9)
カメムシ (2)
ダイコン (4)
ハクサイ (4)
キノコ (14)
(1)
うさぎ (3)
鳥獣害 (1)
キャベツ (5)
ミニトマト (1)
レタス (1)
タマネギ (1)
カリフラワー (1)
ブロッコリー (2)
(4)
イベント (1)
(11)
アオイラガ (1)
昆虫 (28)
(11)
(3)
水菜 (1)
アズキ (1)
トマト (4)
ネコブセンチュウ (1)
うどんこ病 (1)
ウィルス (1)
アオムシ (2)
アブラムシ (8)
テントウムシ (3)
ミツバチ (2)
ハエ (2)
カイガラムシ (1)
ナス (12)
灰色カビ病 (1)
ピーマン (1)
(1)
(5)
(1)
クスサン (1)
キュウリ (5)
イチゴ (4)
天候 (1)
(1)
ブルーベリー (2)
剪定 (1)
ハモグリバエ (1)
ハダニ (3)
オサムシ (1)
イラガ (3)
(1)
カマキリ (4)
はやにえ (1)
アブ (1)
アリ (1)
マンサク (3)
バッタ (2)
キタテハ (2)
ハサミムシ (1)
アザミウマ (1)
キノコムシ (1)
(2)
サンシュユ (1)
沈丁花 (2)
スイセン (4)
サヤエンドウ (2)
ジャガイモ (5)
アセビ (2)
ムスカリ (2)
ボケ (3)
ツバキ (1)
サクラ (2)
ミカン (2)
ヒヤシンス (1)
ネギ (3)
ソラマメ (1)
ネジロカミキリ (1)
ルバーブ (2)
チューリップ (4)
つくし (3)
ツマグロヨコバイ (1)
ツチハンミョウ (1)
ネズミ (1)
リンゴ (4)
ポポー (1)
ムギ (1)
イモムシ (2)
サトイモ (1)
コアオハナムグリ (1)
ハムシ (2)
ミドリカミキリ (1)
スズメバチ (2)
サツマイモ (3)
カボチャ (3)
スイカ (6)
疫病 (2)
ヘビイチゴ (1)
カタバミ (1)
ヒメジョオン (1)
マイマイガ (3)
カシワマイマイ (2)
カシコスカシバ (2)
エビガラスズメ (2)
コスズメ (1)
モモスズメ (1)
イボタガ (2)
台風 (1)
被害 (1)
トウモロコシ (3)
オクラ (1)
エンドウマメ (1)
ニンニク (2)
リンゴドクガ (1)
ケラ (1)
アカエグリバ (1)
サビダニ (1)
キボシカミキリ (2)
セスジスズメ (1)
チャハマキ (1)
キジ (1)
クロメンガタスズメ (1)
ツノトンボ (1)
ユリ (2)
ヘチマ (1)
ヒマワリ (1)
トラカミキリ (2)
カブトムシ (3)
クワガタムシ (1)
コクワガタ (1)
オオミズアオ (1)
クワカミキリ (1)
マメハンミョウ (2)
アブラゼミ (1)
イネツトムシ (1)
イチモンジセセリ (1)
チャバネセセリ (1)
クワコ (2)
テングスケバ (1)
スケバハゴロモ (1)
ゴミムシダマシ (1)
バナナ (2)
パイナップル (2)
コケ (1)
コスモス (1)
シュンギク (1)
ネキリムシ (2)
イヌマキ (1)
宇宙イモ (1)
ムカゴ (1)
ハナムグリ (1)
オオウンモンクチバ (1)
ホシホウジャク (1)
ホシヒメホウジャク (1)
ゴボウ (2)
ハスモンヨトウ (1)
オオタバコガ (1)
ウワバ (2)
ヨモギエダシャク (1)
ゴボウヒゲナガアブラムシ (1)
クサカゲロウ (1)
ニンジン (3)
ハクセキレイ (1)
クリオオアブラムシ (1)
モンシロチョウ (1)
ハナアブ (1)
ハコベ (1)
(1)
タンポポ (1)
ドクガ (1)
オビカレハ (1)
ミノウスバ (2)
ブドウ (2)
クロモンベニマルハキバガ (1)
ウスタビガ (1)
ヒメヤママユ (1)
ウメ (3)
タマカタカイガラムシ (1)
アカホシテントウ (1)
ジガバチ (1)
アリバチ (1)
カミキリムシ (1)
リンゴカミキリ (1)
オトシブミ (1)
コイチャコガネ (1)
クリ (1)
カノコガ (1)
ベニシジミ (1)
トリバガ (1)
オオエグリシャチホコ (1)
アオダイショウ (1)
アメリカシロヒトリ (1)
カバイロモクメシャチホコ (1)
ヨツスジハナカミキリ (1)
ツマグロヒョウモン (1)
キクスイカミキリ (1)
キク (1)
オオアオゾウムシ (1)
ヤハズカミキリ (1)
ゴーヤ (1)
セミ (2)
ツユクサ (1)
アオバハゴロモ (1)
クロバネツリアブ (1)
ヤマイモハムシ (1)
キイロテントウ (1)
ムツトゲイセキグモ (1)
カエル (1)
ウスバカゲロウ (1)
アリジゴク (1)
ナカグロクチバ (1)
ヒマヤママユガ (1)
コブシ (2)
(1)
シソ (1)
トモエガ (1)
ハラナガツチバチ (1)
(1)
メンガタスズメ (1)
ハバチ (1)
モンクロギンシャチホコ (1)
キアゲハ (1)
ネギコガ (1)
クワ (1)
ハチ (2)
モンシデムシ (1)
シモフリスズメ (2)
ゴマ (1)
干支 (1)
雑感 (1)
クモ (1)
金魚草 (1)
クロッカス (1)
(1)
ブーゲンビリア (1)
ネコ (1)
ナズナ (1)
カラスノエンドウ (1)
ツガカレハ (1)
ビオラ (1)
シャクナゲ (1)
イタチ (1)
ナミテントウ (1)
モンシロドクガ (1)
クワゴマダラヒトリ (1)
アリグモ (1)
ゾウムシ (1)
バラ (1)
モモチョッキリゾウムシ (1)
ヒバリ (1)
スズメ (1)
ハト (1)
ブドウスズメ (1)
アカマダラケシキスイ (1)

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ


プロフィール

名前 ; 豆 納 (まめ おさむ)
生年月日 ; 7月10日?
血液 ; さらさら?
性格 ; ねばっこい?
好きな食べ物 ; 白米、ネギ、
からし、醤油?
趣味 ; まぁー なんていうか
いろいろ?